グラン・ステータス

¥1,155

柔らかな口当たり。ブドウ本来の果実味を持ち、飲み心地良い赤ワイン。リオハやシェリーと並びスペインで最も歴史あるカリニェナ産。様々な料理とよく合います。

生産者    ボデガス・イグナシオ・マリン 
産地    スペイン/アラゴン
品種    ガルナッチャ・ティンタ 50%/テンプラニーリョ 30%/カリニェナ 20%
色     赤 
味わい   ミディアムボディ
ビオ情報  
年間生産量 700,000本
醸造・熟成 オーク樽熟成 3カ月(新樽比率100%)

受賞歴    サクラ・アワード 2019 銀賞

容量    750ml

 《生産者情報》

 ボデガス・イグナシオ・マリンはスペイン北部、アラゴン州に位置します。畑はヘレスやリオハと並びスペインで最も歴史あるカリニェナD.O.の中心にあり、地質は石質、地中海性気候だが日中と夜の温度差が非常に大きく、 空気の循環が良いのが特徴です。また、日照時間が長いためブドウはしっかりと完熟します。

 ワイナリーの伝統はケルト-イベリア時代に遡ります。ここには、ローマ帝国により"Caree"という町が築かれ、(そこから現在のカリニェナ:Cariñenaとなる)既に紀元前3世紀ごろにはブドウ栽培が行われていました。

 現在のワイナリーは1903年にイグナシオ・マリン氏によって設立。今は彼の孫で3代目のルイス・イグナシオ(兄)とホセ・イグナシオ(弟)の兄弟がワイナリーの経営にあたっています。

「根本的に重要なのはワインのもととなるブドウである」

イグナシオ・マリンの後継者は代々創立者の哲学を引き継いできました。良く成熟した選りすぐりのブドウを使い、品質を追求。

 “われわれは自然を尊重し、総合的な生態農業哲学にのっとってブトウ栽培に取り組む。このようにして健康なブドウを生み出し、ここから素晴らしいワインを造り出しています”、と語ります。